1周廻ってコダワリ目線

ある意味、逆にピンポン。

2020年11月29日 今朝の1枚

f:id:harada0205:20201129070337j:plain

キリッと冷えた空気が気持ちのいい師走前の日曜日。

今朝の1枚は、1枚と言いながら2枚組のアルバム、結構レアなアルバムを手に入れたのでコレにします。

『SAX LEGENDS』V.A

f:id:harada0205:20201129070018j:plain

f:id:harada0205:20201129065937j:plain

1993年のリリースで、当時は売れなかったのか、すぐ廃盤になったよう。

コレとは違うジャケットもありますが、このジャケットの盤が欲しかったので運良く程度のいい中古盤を安く手に入れることが出来た。

ジャケットは、ラズウェル鈴木が描いた参加SAXプレーヤー12人の似顔絵。

欲張りで豪華なセッション・アルバム

さまざまなJAZZスタイルを受け継ぐSAX奏者を一同に集め、大セッションをしながらレコーディングをしたアルバム。

1992年8月13,14,25日の3日間、NYのミッドタウンの「サウンド・オン・サウンド・スタジオ」で行われた。


Studio Tour | Sound On Sound Studios

 

参加ミュージシャン、クレジットにはSAX LEGENDSと紹介されている。

f:id:harada0205:20201129070038j:plain

・リー・コニッツ

・フィル・ウッズ

・フランク・モーガン

・アーチー・シェップ

・ヒューストン・パーソン

・デイヴ・リーブマン

・ベニー・ウォレス

・デヴィッド・マレイ

・スティーヴ・コールマン

・ドナルド・ハリソン

・ジョン・ゾーン

・クライグ・ベイリー

各プレーヤーの既にある音源を集めてというオムニバス盤はよくあるが、新旧世代のSAXプレーヤー12人が一堂に会し“録り下ろし”のオムニバス盤という企画はかなりイカれてる。

思いついて、実際に録れたのが凄い。調整が大変だったと思う。

f:id:harada0205:20201129070057j:plain

見てもよくわからない共演歴一覧(笑)

 

SAX LEGENDS 12人と言いながら、実際には6名ずつの2グループに分けてレコーディングをしたようで、各アーティストのソロ、デュオ、及び全員(6名)によるセッションを収録。

Vol.1,2のエンディング曲が全員セッションの「BULUES FOR JC」

こんな贅沢なCDはもう作れない!?

レコーディングはNYで最も暑さの厳しい時期(8月中旬)なのに、ア-チー・シェップは、ただ一人ハットをかぶり ダークスーツに身を固めてやってきたという。

フィル・ウッズは今回のセッションでも全てワン・テイクだったという逸話も残ってる。

もうこういう企画を思いついても、なかなかセッションアルバムなんて作れないだろうな。

サポート・ミュージシャンは

・ジョージ・ケイプルス(ピアノ)

・ルーファス・リード(ベース)

・ジョー・チェンバース(ドラム)

f:id:harada0205:20201129070051j:plain

f:id:harada0205:20201129070045j:plain

解説書も綺麗でかなりお買い得な中古盤だった。

 

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

 

図書館を使った調べる学習コンクール

f:id:harada0205:20201128110831p:plain
NHK-FMで日曜の午後放送されている「トーキング ウイズ 松尾堂」。

松尾貴史加藤紀子がMCの番組で、松尾堂という架空の書店を舞台に様々な話題を取り上げていて、いい番組なので時間のある時に聴いています。
f:id:harada0205:20201128110528p:plain

最近聴いた中では10月にオンエアされた「はんこを見直してみたい」という回が秀逸だった。聴き始めは規制改革ではんこなんか不要だという声に応えたのか? とも思ったけど、10月1日がはんこの日だからというのがこの日のオンエアになった理由だった。 

きちんと理由を言えますか?

番組の中で紹介されたのが「図書館を使った調べる学習コンクール」で「知ってる?? はんこってなんで押さなきゃいけないの? ~日本のとくべつな文化~」という作品が文部科学大臣賞を受賞して、その受賞したのが小学校4年生の女の子の自由研究。

f:id:harada0205:20201128111455p:plain

>「プールカードにはんこがないと入れない」と先生から言われたことをきっかけに、はんこと印鑑の違いやはんこの歴史を調査。全54ページにわたる自由研究を約2ヶ月間で制作し、ネットでは「凄すぎて声も出ない」「その辺の卒論超えてる」などの称賛の声多数。

読めば凄さがわかります。字もきれいでイラストもレイアウトも4年生だとは思えない完成度。デジタル化で不要になるとかそんな事ではなく、素朴な疑問と大人でもよくわかってなかった“はんこを押す意味”がきちんと調べられています。

50歳を過ぎてから月に数回通うようななったのに比べて、図書館を使いこなす小学生・・・ 自分とは随分出来が違います。

きちんと違いを言えますか?

はんこと印鑑の違い。

印章・印影・印鑑の違い。

はんこを押すために出勤するムダを槍玉にあげ、テレワークが進まないのはハンコが要因というような報道をしていますが、この小学生の自由研究を見れば(はんこ)印章を捺すのは本人確認が目的ではなく“意思の担保”すなわち その書類の内容を承諾しましたよという証拠として相手に渡すのが目的だということがわかります。

番組の中ではアナログで“意思の担保”を果たせるものとして、印章、署名、拇印の3つが世界的にも標準だとも言っていた。

コレはそのまま台本になるなと思った。

小学4年生が素朴に疑問に思ったことを図書館を通じて調べ始め、ハンコ屋さんで話を聞き、お父さんの職場の人や親戚にアンケートをとり、お母さんの友人の台湾の人に協力してもらいハンコの歴史を調べ、最後はハンコ文化の未来に思いを馳せ巻末には引用文献リストまでついている。

もちろん大人も力添えをしてるとは思うが、これらの手順や気になるところの掘り下げ方、焦点のあて方が(仕事のできる)ディレクターの台本づくりと一緒のように思った。

 何気ないところから生まれた疑問を種にして、見事に花を咲かせたこの自由研究、色々と考えさせてくれた。

こんな風に勉強していけると楽しそうだなと思ったのが正直な感想。

f:id:harada0205:20201128112118j:plain

ここまで読んでいただき、興味を持たれた方。

リンクを張っておきますので、ぜひご一読を。

【自由研究】

 
知ってる??はんこってなんで押さなきゃいけないの?

知ってる??はんこってなんで押さなきゃいけないの?
【トーキングウイズ松尾堂】

 


2020 10 04 はんこを 見直してみたい/山村 浩二・アニメーション作家・絵本作家/真子 茂「月刊 現代 印章」編集長 NHK トーキング ウィズ 松尾堂

 

この放送以外にも「日本語の不思議」というテーマで、厚切りジェイソンと国語辞書編集者・飯間浩明とか面白そうな回がたくさんあります。

 

 

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

 

YouTubeらしい映像にひと言

f:id:harada0205:20201124064742j:plain

この時期になるとバブルの頃からお決まりのように流れてくるこの名曲。社会人になりたてで、東京に転勤した頃に始まったCM。出張帰りの東京駅はまさにこんな感じだった。この頃のCMは映像も曲もPowerがあって、世間の空気を引っ張って行ってた。

この曲の逸話は本当に色々あって、中でも印象的な間奏のコーラスワークは、2週間かけてダバダバやワァ〜をひたすら譜面無しで重ねていって64声分録音したとエンジニアの吉田保さんがラジオで話してた。

f:id:harada0205:20201124064556j:plain

山下達郎のクリスマス・イブ 似て非なるもの2本

YouTubeを見ていたらクリスマスイブの動画が目に入ったので見てみた。当時のCMを編集して、詞に合わせて映像を足して1曲に仕上げたのがコレ。

10月9日にアップされ50日くらいで160万回に迫る再生回数。


クリスマス・イブ/山下達郎

特に当時17歳の牧瀬里穂の可愛さは今見直しても圧倒的だと思った。あのシーンを撮るのに何テイク重ねたんだろう。今見ても1秒の映像の中に、関わる人の熱量がギュッと詰まっている感じが凄い。

 

同じ作者で、もう1本は「パロディ板」となっていて・・・

何がパロディかは見てのお楽しみで。


クリスマス・イブ/山下達郎 【パロディ版】

フジテレビ全盛期の「とんねるずのみなさんのおかげです」で、JR東海の全面協力で実現。牧瀬本人もノリノリで出演したものを上の作品と同じ手法で使ってる。

細かいことを言うと問題だらけですが、コレが令和の作品観。

制作者のページを見ると「趣味で制作してるだけなので私自身への収益化はしておらず、広告が表示される動画はコンテンツIDシステムに登録されてレコード会社等に収益が入ってます。」と書かれてた。

テレビと違うのは、制作者としての矜持なのか。

CMでも番組でも“0”から“1”を生み出すのが「制作」。

あったことを“そのまま”伝えるのが「報道」(最近は出来もしないつまらない演出を見かけることも少なくないが)

もちろんYouTuberにも「制作」的な人や「報道」的な人も居ます。

この映像も「見せたいきもち」はよく分かる。見たあとの気持ちも悪くはない。収益化もしていないし、レコード会社に誘導してるからいいだろうということを言いたいのだろう。

だけど、コレを良しとしてはいけないと思う。

とんねるずのみなさんのおかげです」の手法が正しい。

同じCM映像を見て、思いついたことを伝えようとする時に、かたやJR東海、CM制作会社の担当、代理店(電通)、タレント事務所などなど各所に許可を取りみんなが納得し面白がって作り上げたものと、自分で撮影した映像と当時のCMの辻褄の合うところだけを使って、ちょっと見栄え良く作ったもの。

いまYouTubeに上がってるもの(作品とはいいたくない)の中で、制作的なものってなかなか出会わない。

 

こういう古い意見が通じなくなる時代、「えっ何でダメなの?」って声も聞こえてきそうですが、こういうのが100万回超 再生されていくらか分からないけどYouTubeからの支払いがあるという所を直さない限りリエーターがYouTubeから育つとは思えない

 

YouTubeを見ているのは楽しいけど、テレビの替わりになるには制作者に強い矜持がないと無理だと思った映像でした。

f:id:harada0205:20201124064834j:plain

 

 

 

2020年11月22日 今朝の1枚

f:id:harada0205:20201122110942j:plain

きょうも雲ひとつない超快晴の夜明け、明けの明星が陽の出前の東の空にキラッと光ってます。

この空を見ながら思い出したのがこのアルバムでした。

Pharoah Sanders『Journey To The One 』

今朝見たマジックアワーのようなジャケットのグラデーション。

JOURNEY TO THE ONE

JOURNEY TO THE ONE

  • アーティスト:PHAROAH SANDERS
  • 発売日: 2003/04/11
  • メディア: CD
 

 初めて聴いた時、カッコいいと哀しいが一緒に来た。

高校生の頃、背伸びして心斎橋のヨーロッパ通りにあったJAZZ喫茶に行き、多分1杯500円(当時)くらいしたコーヒーを飲みながらまだよくわからないJAZZを生意気な顔して聴いていた。

その喫茶店のシステムはJBLのバックロードホーンに大きなホーンを乗せたシステムで、低音は腹に刺さりシンバルは「バシーン!!」と鳴るたびに目をシバシバしないと聴いてられないくらい音が飛んできてた。

f:id:harada0205:20201122114211p:plain ※その喫茶店はこんな感じのスピーカーでした。

帰りがけに色んな音楽を教えてくれたレコード屋に行ったら、マスターが「これ聴いた?」と言ってかけてくれたのがこのアルバムの「You've Got Have Freedom」だった。


Pharoah Sanders - You've Got To Have Freedom

「この楽器の音SAXなんやけど、エグイ音やろ」

この人テナーSAX吹いてるけど、同じテナーSAX奏者のジョン・コルトレーンのバックもやっててん。おんなじ楽器でも全然音が違うからってコルトレーンも言うくらい。まぁ、JAZZとかクロスオーバーとか難しそうな曲も多いけど、これは何か気持ち揺さぶる感じでいいやろ。

多分こんなコメントを聞いてすぐに買った。

リズム隊は鉄壁のグルーブを刻み、ピアノのジョン・ヒックス、女性コーラス、フリューゲルホーンが脇を固める中、ファラオのブロウが雄叫びのように聴こえる。

コルトレーンの元を離れ、サンフランシスコに居を移し心機一転、新生ファラオ・サンダースをアピールするために1979年の年末にレコーディングしたアルバム。

1990年代、クラブ・ジャズシーンの鉄板曲として再ブレイク。

それから10年以上経ち、ASID JAZZが牽引したクラブ・ジャズシーンでダンスフロアを盛り上げる鉄板曲としてリバイバルヒットしていた。当時のDJがほぼ持っていただろうオムニバスアルバム『JAZZ JOUCE』の#7にも収録されていた。

f:id:harada0205:20201122120800j:plain

その後、発表された『LIVE』では、アルバムの冒頭から「You've Got Have Freedom」14分以上の熱くブッ飛んだ演奏が聴ける。多分本当のLIVEではアンコールだったはず(メンバー紹介とかもしてるから)。

LIVE

LIVE

  • アーティスト:PHAROAH SANDERS
  • 発売日: 2003/04/11
  • メディア: CD
 

 数年前、Billboard大阪のLIVEに行き生の演奏を聴いた。会場のお客はみんな「You've Got Have Freedom」を聴きたがってたが、もうかなりの高齢で、願いは叶わなかったけど、しっかりLIVEは楽しませてくれた。

もう一度、生でLIVEを見れたらいいなと思うけど、叶うかな?

 

 

tappanzee.hatenablog.com
tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

 

 

 

 

 

2020年11月15日 今朝の1枚

f:id:harada0205:20201115100103p:plain

雲ひとつない超快晴の夜明け。星々が複雑な運行や逆行を終えた中で迎える新月。一粒万倍日も加わり、なんだかおめでたく感じる日。

きょうはの気分はHorace Silver『The Stylings Of Silver』

f:id:harada0205:20201115095537j:plain

ジャケット、PLAYもカッケー アルバム

この時代のBLUE NOTEでは珍しいカラーのジャケット。国連ビル前で撮影され、スーツの着こなしや目線がかっこよく決まってる。

1曲目「No Smokin"」の演奏の疾走感や、1950年代後半のハード・バップ華やかで端切れのいいPLAYがカッケーアルバムだと思う。Trumpetでアート・ファーマー(tp)Tenor Saxophoneでハンク・モブレー(ts)が参加して、難しいテクニックを交えた演奏なのにすごく聴きやすいから好きなアルバム。RVGスタジオ録音というのも好きの要因の一つ。

ザ・スタイリングス・オブ・シルヴァー

ザ・スタイリングス・オブ・シルヴァー

 

いいことの探し方、つくり方

毎朝、天気のいい日は朝陽を眺めながら「今日もいい1日だといいな」と思いながら、日記のように陽の出写真の投稿を始めて数年。

糸井重里さんのコメントに思わず膝を打った。

そう、こういう気分なんです。

●1日、どんないいことがあったか。無理にでも探して手帳に書く。

●だんだん いいことの探し方がじょうずになる

●そして、いいことのつくり方がわかってくる

朝陽も日によって表情が違うし、雲の形もバラバラ。構図も気になるし、タイムラプスで撮ってみたくもなる。街で見かける花も様々だし、今日の気分で選んだ食べ物も少しでも綺麗に・美味しそうにと、なにか心に残る綺麗な瞬間を収めておきたくなった。

視野が広がったとでもいうのか、前には見えてなかったものが見えてきている気がする。

f:id:harada0205:20201115112156j:plain
f:id:harada0205:20201115112322p:plain

 若い頃は競争相手か仲間かを区別するのに、キョロキョロと左右を見ていただけだったんじゃないかな。

余裕のない時には見つけられなかったというか、見ても写真を撮ろうとは思えない風景だが、年寄に近づいているからかもしれないが、空を見て雲を見て、樹々の葉の色づきに敏感になり、街なかの玄関先に咲く花に興味を持ち、若い頃に比べ視線が上下に広がりキョロキョロする頻度は随分と少なくなった。

 

このアルバムの「My One And Only Love」を聴くと、なんと優しく寄り添ったPLAYなんだろうと思う。こんな風な穏やかなセッションの方が憧れるし、好きになってきた還暦直前。


My One And Only Love (Rudy Van Gelder/24Bit Mastering/Digital Remaster/1999)

 

糸井さんとは昔少しばかりお仕事を一緒にさせてもらい、その時はまだ痩せていたので「栗山」とあだ名を付けてもらってました。さすが名コピーライター上手いこと言いはる。

 

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com

tappanzee.hatenablog.com